自動車に関する税金

自動車税の対象となる自動車

スポンサーリンク

ここでは、自動車に関する税金の「自動車税」が課税対象となる自動車、課税対象とならない自動車とは、どのような自動車であるかを説明しています。


自動車税の対象となる自動車



自動車税が課税される対象になるのは、
 ・普通自動車(乗用車、トラック、バス、三輪の小型自動車)
 ・二輪以外の小型自動車
のような自動車が自動車税の対象となります。

これに対して、自動車税が対象にならないのは、
 ・軽自動車
 ・小型特殊自動車
 ・二輪の小型自動車
 ・大型特殊自動車
などの自動車が自動車税の対象にならない自動車になります。



これらの自動車は、自動車税の課税対象になりませんが、その代わりに違った税金が課税対象になっています。例えば、「軽自動車」、「小型特殊自動車」、「二輪の小型自動車」のような自動車の場合には、軽自動車税が課税される事になり、さらに、「大型特殊自動車」のには、固定資産税という税金が課税されるようになっています。


このように、自動車税と言えば、自動車に課税される税金ですが、自動車というと一般的には、普通自動車(乗用車)や軽自動車などが一般家庭では連想されると思いますが、上記のように、自動車税には、軽自動車は該当しないのようになっています。軽自動車は、軽自動車税が課税対象となるので、税額的にはかなり金額が低い金額になっていますので、もしも、自動車税、軽自動車税のように毎年の自動車に関する税金を安くしたい場合には、軽自動車がお得だと思います。




スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2008年07月15日 07:32