自動車に関する税金

自動車税の納税方法と納期

スポンサーリンク

ここでは、自動車税に関する納税方法、納期関連の情報を紹介しています。


自動車税の納税方法と納期


自動車税とは、自動車を取得した時に支払いますが、さらに、自動車を所有している期間は、毎年、自動車税を支払うことになる税金です。ここでは、この自動車税の納税方法と納期などに関する情報を紹介しておきたいと思います。



自動車税が課税されるのは、4月1日に自動車を所有している人が自動車税の納税を行うことになります。実際に自動車税を支払うのは、基本的には、同じ年の5月の末日まで(年度によっては6月上旬まで)に自動車税の税金を1年分、まとめて支払うことになります。納税方法は、納税通知書を持って金融機関に行って支払うことになります。

また、4月1日以降に自動車を購入して所有した場合には、自動車を購入した時に支払う事になります。このように、4月1日以降に自動車を購入した場合には、購入した翌月から次の3月末日までの期間の自動車税を月割りで支払うことになります。例えば、8月3日に自動車を購入した場合には、9月〜3月までの7ヶ月間分の月割りの自動車税を支払う事になります。

このように、自動車税は、月割りで計算される事になりますので、自動車を廃車にした場合には、廃車にした翌月からの既に支払っている自動車税については、手続きをおこなう事によって払いすぎた税金を還付してもらえることになっています。



自動車税は、4月1日に自動車を所有していた人に5月に納税通知書が郵送で送られてくるようになっていますので、4月1日に自動車を所有していた人が納税義務が発生します。この為、もしも、4月1日以降で、例えば、4月3日などに自動車の名義変更を行った場合であっても、4月1日時点に自動車を所有していた人が自動車税を支払うことになります。

この為、自動車を下取りに出したり、中古車を購入したような場合には、注意が必要である。
例えば、自動車を4月1日以降に下取りに出した場合には、その年の自動車税の納税金は発生することになります、これは、自動車を廃車していない限り、納税義務が発生する事になるので注意が必要です。また、4月1日以降に中古車を購入した場合には、納税義務は発生しないことになります。



このように、自動車税は、4月1日に自動車を所有していた人が納税義務を負う事になるので、自動車を転売して名義変更を行うような場合には、月割りで自動車税の税額に相当する金額を売買代金以外にやるとりされるという事が行われているようです。



スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2008年07月30日 04:43