基礎知識

自動車保険の基礎用語(その他 編)

スポンサーリンク

ここでは、自動車保険の加入や見直しを考える場合に、基本的に知っておいた方が良いであろう自動車保険に関する基礎用語を説明しています。


自動車保険の基礎用語(その他 編)



自動車保険について、色々と調べたりする場合に、良く目にするであろう、知っておいた方が良いと思われる用語を集めてみました。


基本的な内容を集めていますので、知っている人も多いかも知れませんが、自動車保険について知っておく必要があるものを集めていますので参考にして頂ければと思います。


ここでは、人・自動車・お金に関する以外の基礎的な用語を集めています。




【保険事故】
保険事故とは、自動車保険会社が保険金の支払いを行うと約束した自動車事故のことになります。
ただし、保険金目当てに、自分で故意に起こした事故は、保険事故にはなりません。



【免責】
免責とは、自動車保険の契約をしたが、補償内容に含まないように契約をした内容の取り決めになります。自動車保険会社は、自動車事故が起こった場合には、保険金の支払いを行う必要がありますが、この免責に指定されている内容については、保険金の支払うを行なう必要がありません。




【保険期間】
保険期間とは、自動車保険の補償が受けられる期間になります。
この保障期間内に自動車事故が起こった場合には、自動車保険会社が保険金の支払い義務がしょうじます。




【保険事故】
保険事故とは、自動車保険会社が保険金の支払い義務が発生する自動車事故のことになります。




【担保】
担保とは、自動車保険会社が保険金の支払いを行う義務が発生するという事です。
自動車保険の補償が受けられるという事です。




【不担保】
不担保とは、自動車保険会社が保険金の支払いを行う義務が発生しないという事になります。
自動車保険の補償が受けられないという事です。




【特約】
特約とは、基本的な自動車保険の契約に対して、補償内容を追加、補足、変更する取り決めです。
自動車保険の補償のオプションです。




【付帯】
付帯とは、自動車保険の基本的な契約に対して、特約などのオプション的な補償を付け加えることです。




【自動付帯】
自動付帯とは、自動車保険の契約をした場合に、特約などの補償内容を自動的にプラスされるという事です。




【過失相殺】
過失相殺とは、自動車事故を起こした場合に、加害者と被害者の双方の過失割合によって、補償を受ける分と、補償する分を相殺することです。





スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2007年06月17日 21:04