特約の補償内容の解説

代車費用担保特約について

スポンサーリンク

ここでは、自動車任意保険の「特約」である代車費用担保特約について見ていきます。


代車費用担保特約について


代車費用担保特約とは、自動車事故を起こして、自動車が利用出来なくなったり、修理を行なっている時などの期間、自動車が使えない場合に、レンタカー等を借りたときの費用を補償してくれる補償です。

代車費用担保特約を利用した場合には、契約時に取り決めた、

・定額払い
・実損払い

などの方法で、レンタカーなどの費用を保障してくれます。



定額払いとは?


定額払いとは、レンタカーなどの代車を利用している間、契約時に定めた定額の金額が補償され、支払われます。ただし、30日などの日数の限度があるようです。




実損払い


実損払いとは、レンタカーなどの代車を利用している場合に、レンタカー代の実際に支払っている金額が補償され、支払われます。ただし、支払われる金額は、契約時に定めた限度額の金額以内になります。




代車費用担保特約の保険料


代車費用担保特約の保険料は、かなり高めに設定されている場合が多いようです。この為、あなたの自動車の利用方法が代車が必要なのかを判断して、代車費用担保特約を付けるかを決める必要があると思います。

また、自動車を修理にだしている期間の代車であれば、修理工場やカーディーラーで、代車を貸してくれる場合もありますので、よく検討してから代車費用担保特約に加入するようにした方が良いと思います。




【注意点】
ここで紹介している補償内容等は、各損害保険会社によって、多少の違いがある場合もありますので、自動車任意保険に加入する場合には、しっかりと、補償内容を確認するようにしましょう。



スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2007年04月07日 23:48