特約の補償内容の解説

対物超過修理費用特約(対物全損時修理差額費用担保特約)について

スポンサーリンク

ここでは、自動車任意保険の「特約」である対物超過修理費用特約(対物全損時修理差額費用担保特約)について見ていきます。


対物超過修理費用特約(対物全損時修理差額費用担保特約)について


対物超過修理費用特約(対物全損時修理差額費用担保特約)とは、自動車事故を起こして、相手の自動車などの物に損害を与えた場合に、現状回復を行なう為の費用を支払う為の補償です。

自動車事故を起こした場合の損害賠償を行なう必要がでてくる金額とは、その物の現在価値までとなります。

このような場合に、自動車事故を起こした相手の自動車が古い年式の自動車で、現在価値が20万円しかない場合で、修理を行なうと50万円かかった場合などは、損害賠償責任として、対物保険からの支払い額は、20万円で良いことになります。


自動車事故で被害に合った人は、修理に掛かった費用50万円を補償して欲しいのに、損害保険会社からは、20万円しか受け取れないので、トラブルになる可能性があります。

このような場合に、トラブルにならないようにする為に、下記のような

     自動車の修理費用 : 50万円
  −  自動車の現在価値 : 20万円
 _____________________
  =  差額         30万円

差額の30万円に対して、過失割合の分を損害保険会社が補償してくれます。


つまり、過失割合が70%の場合には、
最終的には、

 差額(30万円) × 過失割合(70%) = 損害保険会社が支払う保険金額

のように、30万年の70%になる。
21万円が保険金として支払われます。


このように、対物超過修理費用特約(対物全損時修理差額費用担保特約)を自動車任意保険に付けておくことで、よりいっそう、充実した対物補償を準備する事ができます。




【注意点】
ここで紹介している補償内容等は、各損害保険会社によって、多少の違いがある場合もありますので、自動車任意保険に加入する場合には、しっかりと、補償内容を確認するようにしましょう。



スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2007年04月07日 23:49