加入時のチェックポイント

自動車任意保険の補償の一般的な優先順位

スポンサーリンク

ここでは、自動車任意保険に加入する場合に、一般的に、どのような補償が必要で、どのような優先順位をもって、補償が必要であるかを見ていきます。


自動車任意保険の補償の一般的な優先順位


ここでは、自動車任意保険に加入する時の補償の優先順位について見ていきます。


自動車任意保険補償の優先順位をおさえておくことにより、できるだけ補償内容を少なくして、自動車任意保険の保険料を安くする場合の指標になると思います。


もし、あなたが自動車事故を起こした場合に、自動車任意保険での補償を大きく分けると

・自動車事故の相手への補償
・自分のケガなどの補償
・一緒に自動車に乗っている人のケガなど補償
・自分の自動車の為の補償

のようになります。



自動車事故の相手への補償とは?


自動車事故の相手への補償とは、

・対人賠償保険
・対物賠償保険

になります。



自分のケガなどの補償とは?


自分のケガなどの補償とは、

・自損事故傷害保険
・人身傷害補償保険

になります。




一緒に自動車に乗っている人のケガなど補償とは?


一緒に自動車に乗っている人のケガなど補償とは、

・搭乗者傷害保険
・人身傷害補償保険

になります。



自分の自動車の為の補償とは?


自分の自動車の為の補償とは、

・車両保険

になります。



自動車任意保険の補償の優先順位


自動車任意保険補償優先順位は、下記のようになります。


優先順位 補償内容
自動車事故の相手への補償
自分のケガなどの補償
一緒に自動車に乗っている人のケガなど補償
自分の自動車の為の補償



のようになります。



自動車事故の相手への補償


一番、優先順位が高い、のが「自動車事故の相手への補償」です。

「自動車事故の相手への補償」には、

・対人賠償保険
・対物賠償保険

になりますが、これは、もしも、あなたが自動車事故を起こした場合に一番、高額な損害賠償責任を負う可能性がある為です。

対人賠償補償では2億円以上。対物賠償補償では、1億円以上の支払いを裁判所から命じられたこともあるほどですので、この「対人賠償保険」、「対物賠償保険」は、自動車事故の相手の為にも、もちろん、あなた自身の人生を守る為にも大切な補償になります。



自分のケガなどの補償


優先順位の2番目に来るのが、「自分のケガなどの補償」になります。

「自分のケガなどの補償」については、

・自損事故傷害保険
・人身傷害補償保険

のような保険になります。

どちらも、自分が自動車事故でケガをした時に補償される自動車任意保険ですが、

自損事故傷害保険は、対人賠償補償に自動的に自損事故傷害保険が付いている場合があります。

人身傷害補償保険は、自動車を運転していたときに自動車事故を起こして、あなたがケガをした場合に、示談交渉をする前に、医療費の実費分がもらえます。



一緒に自動車に乗っている人のケガなど補償


優先順位の3番目に来るのが、「一緒に自動車に乗っている人のケガなど補償」になります。

一緒に自動車に乗っている人のケガなど補償とは、

・搭乗者傷害保険
・人身傷害補償保険

になります。

「搭乗者傷害保険」「人身傷害補償保険」の場合には、自動車事故を起こした時に、自動車に乗っていた人に対して、補償がされるものです。




自分の自動車の為の補償


優先順位の4番目は、「自分の自動車の為の補償」になります。

自分の自動車の為の補償とは、自動車任意保険の名前でいうと、

・車両保険

になります。

この「車両保険」は、自動車事故を起こした場合に、あなた自身の自動車の修理費用などを補償するものです。



一般的には、このように補償に、優先順位を付けることができます。
しかし、場合によっては、この順番が変わる場合があります。
つぎのページでは、この優先順位の順番が変わるケースを見ていきたいと思います。





スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2007年04月08日 14:40