加入時のチェックポイント

自動車保険の相手の補償のチェックポイント

スポンサーリンク


ここでは、自動車任意保険の自動車事故を起こして、相手を死傷させたり、自動車などを壊して損害を与えた時の補償についてのチェックポイントを見ていきます。


自動車保険の自動車事故の相手の補償のチェックポイント


自動車保険に加入する理由の一番に来るのが、もしも、自分が自動車事故を起こした時に、自動車事故の相手に対しての補償のためという人が多いと思います。

ここでは、このように、もしも、あなた自身が自動車事故を起こした場合の相手への補償である

 ・対人賠償保険
 ・対物賠償保険

への加入時のチェックポイントについて見ていきます。


自動車保険に加入する場合には、「対人賠償保険」「対物賠償保険」への加入は、必須になります。


また、肝心なのが、「対人賠償保険」「対物賠償保険」で、どれくらいの補償を準備しておくかという事になります。

人によっては、数千万円の補償があれば良いと思われる人もいるかもしれませんが、実際の裁判事例などを見ると、「対人賠償保険」では、2億円以上の支払いをめいじられたという判例もあります。「対物賠償保険」の場合でも、1億円以上の支払うような判例があります。


「対人賠償保険」の場合には、相手を死亡させた場合と言うよりも、自動車事故が原因で、後遺症が残ったり、高度の傷害になった場合に、高額な補償額を請求されています。


「対物賠償保険」の場合には、単純な自動車同士の衝突や接触事故と言うよりも、電車や高価な積荷を積んでいるトラック、店舗などとの自動車事故の場合に、高額な補償額を請求されています。


このような点から、自動車事故の相手の為の補償である、

・対人賠償保険
・対物賠償保険

については、必ず補償額が「無制限」の自動車保険に加入しえいるかをチェックしておきましょう。




【ポイント】

「対人賠償保険」「対物賠償保険」については、無制限の自動車保険に加入している事。







スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2007年04月08日 14:41