加入時のチェックポイント

自動車保険の自分のケガなどの補償のチェックポイント

スポンサーリンク


ここでは、自動車任意保険の自動車事故を起こして、自分がケガをした場合の補償についてのチェックポイントを見ていきます。


自動車保険の自分のケガなどの補償のチェックポイント


せっかく、自動車保険に加入するのですから、自動車事故を起こした時に、
「自分がケガをした場合の補償をしてもらいたい」
と思う人もいると思います。


ここでは、もしも、自分が自動車事故を起こした時に、自分の為の補償を準備する場合のチェックポイントについて見ていきたいと思います。


ここで、自分の為の補償として見ていく自動車保険は、

 ・人身傷害補償保険
 ・搭乗者傷害保険

になります。


自分の為の補償の場合には、この「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」がありますが、この2つの「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」は、同じような補償内容になっています。


「人身傷害補償保険」の場合には、自動車事故でケガをした場合には、自分や相手の過失の割合に関係なく、治療にようした費用の実費分を補償限度額の範囲で保険金が支払われます。この為、スムーズに保険金の支払いが行われます。

「搭乗者傷害保険」の場合には、ケガの場合以外にも、死亡した場合や後遺症が残った場合などでも保険金が支払われます。

ケガをした場合のみで考えると、「人身傷害補償保険」の方が充実した内容になっていると言えるでしょう。これは、「搭乗者傷害保険」よりも、「人身傷害補償保険」の方が、新しく出来た保険であるからだと思います。


ここで重要になる点ですが、「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」は、ケガに対する補償という点は、同じような補償になります。

この為、自分のケガの為に自動車保険の補償を準備するのであれば、どちらかひとつでも良いと言うことです。


また、生命保険の医療保険に加入している場合には、自動車事故でケガをした場合にも入院費用が出ますので、自動車保険と重複して保険金を貰う事になります。




このように、あなたが自動車事故で、ケガをした場合には、

 ・人身傷害補償保険
 ・搭乗者傷害保険
 ・生命保険の医療保険

の3つから保険金が受け取れるという事になります。

これは、保険料が高くなり、必要以上の補償を付けていることになりますので、同じような補償が複数付いているかを確認して、必要が無い保障はカットするようにしましょう。



【ポイント】

自動車保険以外の生命保険なども含めて、保障内容が重複しているかをチェックして、

いらない補償をカットする事で、保険料を安く出来ます。







スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2007年04月08日 14:42