「ア行」の用語紹介

「インターネット割引(インターネット契約割引)」の用語解説

スポンサーリンク


ここでは、「インターネット割引(インターネット契約割引)」と言った自動車保険に関連する用語の意味を紹介しています。自動車保険に加入する時に「インターネット割引(インターネット契約割引)」と言った用語の意味が分からない、もっとしっかりと意味を確認したいと思った場合に参考にして貰えればと思います。



「インターネット割引(インターネット契約割引)」とは?

インターネット割引(インターネット契約割引)とは、自動車保険を販売している損害保険会社の多くが取り入れている割引制度のひとつで、インターネットから自動車保険の申込を行なえば、保険料が割引されると言った制度です。実際に割引される金額と言うのは様々で、数千円から1万円を超える割引をしているところや10%の割引など各社様々です。

保険料の割引率、割引額については、新規契約と継続契約で区別しているケースや同一のケースなどがあります。なお、インターネット割引(インターネット契約割引)と言った様な名称は、保険会社によって違うと思います。

例えば、私が調べたときの保険料の割引率、割引額については、下記のようになっています。あなたが自動車保険の見直しや加入をしている時には、変わっているかもしれませんので、ご自身で確認するようにしてくださいね。下記は、参考程度にお願いします。


●三井ダイレクト損保
 ・新規:4,000円
 ・継続:3,000円
  ※「eサービス(証券不発行)割引 」でさらに500円の割引

●そんぽ24
 ・新規:8%
 ・継続:5%

●ソニー損保
 ・新規:
 ・継続:

●アメリカンホームダイレクト
 ・新規:10%
 ・継続:5%

●アクサダイレクト
 ・新規:2,500円〜10,000円(保険料の支払い方、保険料の金額で代わります)
 ・継続:10,000円

●SBI損保
 ・新規:5,500円
 ・継続:5,500円
  ※保険証券の不発行でさらに500円の割引

●おとなの自動車保険
 ・新規:10,000円
 ・継続:10,000円
  ※保険証券の不発行でさらに500円の割引



インターネット割引(インターネット契約割引)の注意点

インターネット割引(インターネット契約割引)とは、自分で保険会社のインターネットのホームページで保障内容、保証金額などを設定する事で貰える割引です。この為、自分で、どれくらいの保障を付けるか、自己責任で行なう必要があります。

保険料を安くする事のみを考えるのではなく、どれくらいの保障があれば安心であるのかを判断して決めておく必要がありますので、分からない場合は、初回は、専門家に相談するのがお勧めです。

例えば、下記のような生命保険や損害保険の相談にのってくれる保険ショップなどに相談し、どのような保障が必要かをしっかりと学び、翌年の自動車保険の更新時には、自分でインターネット割引を利用するというのもお勧めな方法です。

保険ショップの情報はコチラ


スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2013年02月05日 12:28