「ア行」の用語紹介

「運転者の範囲」の用語解説

スポンサーリンク


ここでは、「運転者の範囲」と言った自動車保険に関連する用語の意味を紹介しています。自動車保険に加入する時に「運転者の範囲」と言った用語の意味が分からない、もっとしっかりと意味を確認したいと思った場合に参考にして貰えればと思います。

「運転者の範囲」とは?

運転者の範囲とは、自動車保険の補償の対象となる運転者のことを言います。この自動車保険の補償の対象となる人の範囲を限定する事によって、保険料の割引が適用されるのが特徴です。

このような「運転者の範囲」というのは、自動車保険や損害保険会社によって、それぞれによって違いがあります。例えば、具体的な例として紹介してみると、
○運転者本人限定
○運転者本人・配偶者限定
○運転者家族限定
と言った様なものが有名どころの「運転者の範囲」ではないかと思います。


「運転者本人限定」の場合には、自動車保険の記名被保険者が対象になりますので、保険証券に名前が記載されている人、つまり、保険に加入した本人のみが自動車保険の補償の対象となります。

次の「運転者本人・配偶者限定」は、自動車保険の保険証券の記名被保険者とその配偶者が補償の対象となります。

さらに、「運転者家族限定」の場合は、自動車保険の保険証券の記名被保険者とその配偶者と、記名保険者と配偶者の同居の家族が保障対象となります。これ以外にも記名保険者や配偶者の別居の未婚の子供も対象と成ります。ここでの未婚の子供とは婚姻暦がない子供のことを言います。


これらの「運転者本人限定」、「運転者本人・配偶者限定」、「運転者家族限定」のような「運転者の範囲」を限定する事によって、自動車保険の保険料の割引を受ける事が出来ます。これは、保障範囲を限定するために受けられる割引です。

その為、これらの「運転者の範囲」を限定した場合には、補償の範囲が限定されるので、保障対象の人が自動車事故を起こしたとしても保障を受ける事が出来ないので注意が必要です。


なお、自動車保険の保険料をさらに安く抑えたいと思った場合には、「運転者の範囲」以外にも「年齢条件」を組み合わせることによって、補償される範囲を狭めることが出来るので、これに伴い、保険料も安くする事が出来ます。



スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2013年04月25日 12:02