「ア行」の用語紹介

「運転免許証の色」の用語解説

スポンサーリンク


ここでは、「運転免許証の色」と言った自動車保険に関連する用語の意味を紹介しています。自動車保険に加入する時に「運転免許証の色」と言った用語の意味が分からない、もっとしっかりと意味を確認したいと思った場合に参考にして貰えればと思います。



「運転免許証の色」とは?

運転免許証の色とは、記名被保険者である本人の運転免許証の有効期限の帯の部分の色を言います。この「運転免許証の色」は、「金色(ゴールド)」、「青色(ブルー)」、「緑色(グリーン)」の3つの種類があります。

運転免許証の色が、「金色(ゴールド)」の場合は、「優良」という文字も記載されています。この文字の通りに、無事故、無違反の優良運転者の場合にこのような色になります。

金色(ゴールド)の免許の場合には、免許証の有効期間が満了する前の5年間、無事故、無違反出会った場合に、金色(ゴールド)となり、免許証の有効期間が5年間と長くなります。

自動車任意保険についても「金色(ゴールド)」の免許を有している人の場合は、自動車保険の見積もりや契約をする時に保険期間の初日にて有効な運転免許証の色を保険会社に申請することによって保険料を安くするという「リスク細分型」の自動車保険などもあります。


運転免許証の色の「青色(ブルー)」は、免許を取得後、次の免許更新で交付されることになります。また、長年、運転免許証を持っている人でも違反や事故を起こした場合には、「青色(ブルー)」の免許になります。「青色(ブルー)」の免許の場合には、有効期間は3年間となります。

運転免許証の色が「緑色(グリーン)」の免許の場合は、運転免許を取得した最初に交付される免許の色になります。通常は、次の免許更新時にブルー(青色)になります。ただし、更新期限が来ていなくても上位の免許を取得した場合にはブルー免許が交付される事になります。ちなみに、「緑色(グリーン)」の免許の有効期限は3年間です。



スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2013年05月06日 12:34