保険料を安くする方法

ここでは、自動車任意保険の保険料を安くする方法について見ていきます。

年齢条件で自動車保険を安くする

年齢条件によって、自動車を運転する人の年齢を制限することによって、自動車保険を安くすることができます。

バイクにも乗っている場合

もしも、バイクにも乗っている人の場合には、「ファミリーバイク特約」を利用することで、自動車保険の補償で、バイクの補償もつけることができます。

インターネット割引で自動車保険の保険料を安くする

最近では、自動車保険をインターネットで直接、自動車保険会社などのホームページから購入することができます。このように、インターネット経由で自動車保険に加入すると保険料が安くなります。

セカンドカー割引(複数所有新規割引)で自動車保険の保険料を安くする

もしも、新しく2台目の自動車を購入した場合には、セカンドカー割引(複数所有新規割引)を利用することで、2台目の自動車の保険料を安くすることが出来ます。

エアバッグ割引・ABS割引で自動車保険の保険料を安くする

エアバッグやABSの機能が付いている自動車に乗っている場合には、自動車保険の保険料の割引の適応を受ける事ができます。

新車割引で自動車保険の保険料を安くする

新しい自動車に乗っている人が自動車保険に加入する場合には、新車割引の適応を受けて、保険料が安くなることがあります。

ゴールド免許割引で自動車保険の保険料を安くする

自動車保険に加入する時に、あなたが持っている自動車の免許証がゴールド免許であれば、ゴールド免許割引の適応を受ける事ができます。

自動車の使用目的による自動車保険の保険料の割引

自動車保険の保険料は、どのような目的で自動車を乗るかによっても自動車保険の保険料に違いがでてきます。

年間走行距離で自動車保険の保険料を安くする

最近の自動車保険では、自動車に年間でどれくらいの走行距離になるのかによって、保険料が安くなる自動車保険が一般的になっています。

運転者の範囲を限定して保険料を安くする

自動車保険を安くする方法として、自動車の運転を誰がするのかを指定して自動車保険の契約を行なうことで、保険料が安くなります。

等級をあげることで、自動車保険の保険料を安くする

自動車保険の等級をあげていく事で、保険料は安くなっていきます。

無事故の場合の保険料の割引

前年度に自動車事故を起こしていない人の場合に、自動車保険の保険料が安くなる場合があります。

車両保険の補償条件を限定して保険料を安くする

車両保険は、自動車保険の中でも保険料が高くなる保険です。ここでは、この自動車保険の補償条件を限定することで、保険料を安くすることができます。

車両保険に免責をつけて保険料を安くする

車両保険は、自動車保険の中でも保険料が高くなる保険です。ここでは、この自動車保険の補償条件に免責を付けることで、保険料を安くすることができます。

保険料の支払い方で自動車保険の保険料を安くする

自動車保険の保険料の支払い方法を工夫することで、保険料を安くすることができます。

長期契約を利用して自動車保険の保険料を安くする

自動車保険に加入する場合には、一般的には、1年契約になります。しかし、自動車保険会社によっては、複数年にわたって、自動車保険の契約が可能な場合があります。

盗難防止装置を付けて車両保険の保険料を安くする

自動車保険のなかでも、車両保険は、保険料が高くなる補償の種類になります。ここでは、盗難防止装置などを自動車につける事によって、自動車保険の割引が受けられる方法について見ていきます。

盗難追跡装置を付けて車両保険の保険料を安くする

自動車保険のなかでも、車両保険は、保険料が高くなる補償の種類になります。ここでは、盗難追跡装置などを自動車につける事によって、自動車保険の割引が受けられる方法について見ていきます。

福祉車両割引で、自動車保険の保険料を安くする

自動車保険会社によっては、福祉車両の場合に対して、保険料の割引を行なうサービスを準備している自動車保険会社があります。

団体扱い自動車保険で保険料を安くする

会社に勤めている人や何らかの団体に属している人の場合には、団体扱いの自動車保険を利用することで、団体扱いの保険料の割引を受けることができます。

安全運転講習会受講割引で自動車保険の保険料を安くする

自動車保険会社によっては、安全運転講習会受講割引という、安全運転講習会の受講した人に対して、保険料を安くする場合があります。

早く契約して割引を受ける

自動車任意保険を早く契約することにより、割引を受けることができます。