保険料を安くする方法

年齢条件で自動車保険を安くする

スポンサーリンク

年齢条件によって、自動車を運転する人の年齢を制限することによって、自動車保険を安くすることができます。


年齢条件で自動車保険を安くする



年齢条件とは、自動車を運転する人の年齢を制限することで、自動車保険の保険料を安くすることができるという保険料の割引サービスです。


このような保険料の割引を受けられるのは、年齢が若い人の方が、統計的に自動車事故を起こす確率が高く、また、損害額が大きい為です。この為、若い人が運転するような条件で自動車保険に加入すると保険料が高くなります。



この年齢条件には、自動車保険会社により、違いがありますが、一般的に下記のような基準になっています。

全年齢担保 年齢制限が無い。
どの年齢の人が運転していても自動車保険の補償対象になります。
21歳未満不担保 21歳以上の人が運転している場合にのみ自動車保険の補償対象になります。
もし、20歳以下の人が運転している場合には、自動車保険の補償対象になりません。
26歳未満不担保 26歳以上の人が運転している場合にのみ自動車保険の補償対象になります。
もし、25歳以下の人が運転している場合には、自動車保険の補償対象になりません。
30歳未満不担保 30歳以上の人が運転している場合にのみ自動車保険の補償対象になります。
もし、29歳以下の人が運転している場合には、自動車保険の補償対象になりません。



自動車保険会社によっては、さらに細かく、年齢条件の設定があり、上記以外に35歳未満不担保や1歳単位で、年齢条件が設定されている自動車保険会社もあるようです。




実際に、どれくらいの保険料の違いになるかと言いますと、「全年齢担保」100とすると下記のようになります。

全年齢担保 100
21歳未満不担保 64
26歳未満不担保 50
30歳未満不担保 49
35歳未満不担保 48

(今こそ見直そう!あなたの保険 2005年版 参照)


【補足1】
ただし、上記の一覧は、自動車保険の契約をする自動車によっても多少の違いがあります。
これは、自動車保険の契約をする時に乗っている自動車が、スポーツカーであるか、高級車、軽自動車であるかにより、保険料の違いがでてくる為です。


【補足2】
不担保とは、もしも、自動車事故を起こした場合には、保険金を支払わないと言う意味です。




上記の一覧のように、全年齢担保21歳未満不担保の場合を比べても約4割近くの保険料の差が出てきます。26歳未満不担保と比べると、5割も違ってきますので、年齢条件については注意しておきましょう。


もし、自動車保険の契約途中で、誕生日を迎えて、年齢条件が変わる場合には、途中からでも変更が可能ですので、加入している自動車保険会社に問い合わせてみましょう。




自動車保険に年齢条件を利用する場合には、誰が運転するのかをしっかりと確認しておきましょう。もしも、少しでも、運転する可能性がある人が要るのであれば、全ての人に対して補償が適応されるように、年齢条件を設定しましょう。


場合によっては、年齢条件を引き下げるよりも、「子ども年齢条件特約」や「臨時運転者特約」の加入の方が保険料が安くなる場合もあります。




スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2007年05月05日 18:16