保険料を安くする方法

セカンドカー割引(複数所有新規割引)で自動車保険の保険料を安くする

スポンサーリンク

もしも、新しく2台目の自動車を購入した場合には、セカンドカー割引(複数所有新規割引)を利用することで、2台目の自動車の保険料を安くすることが出来ます。


セカンドカー割引(複数所有新規割引)で自動車保険の保険料を安くする



自動車を2台持っている人や同居の家族と合わせて、自動車を2台持っているような場合に、2台目の自動車の保険料が割引を受けられるサービスです。ただし、1台目の自動車保険の等級が11等級以上である必要があります。


セカンドカー割引(複数所有新規割引)での割引は、**円割引や*%割引という形式では無く、自動車保険の等級の扱いが有利になる方法で、結果的に、自動車保険の保険料が割引になるというものです。




1台目の自動車を購入した時には、自動車保険の等級は、6等級になります。しかし、セカンドカー割引(複数所有新規割引)を利用することで、2台目からの自動車の等級が7等級からスタートします。


この為、2台目の自動車を購入する場合には、セカンドカー割引(複数所有新規割引)を利用して自動車保険に加入した場合には、1等級分の保険料が割り引かれることになります。


なお、6等級と7等級の保険料の差は、10%が一般的です。(一部、違う場合があります。)



*等級とは?
 自動車保険の等級とは、自動車保険に加入する人のリスク度合いを等級付けしているもので、
 等級が上がると保険料が安くなり、等級が下がると保険料が高くなります。
 1等級が一番保険料が高く、20等級が一番保険料が安くなります。




1台目の自動車保険の契約について



1台目の自動車の自動車保険の契約と同じ自動車保険会社で無いと、2台目の自動車にセカンドカー割引(複数所有新規割引)が利用出来るかについては、自動車保険会社によって違います。


また、セカンドカー割引(複数所有新規割引)の契約を申し込む場合には、インターネットからの申込を受け付けている自動車保険会社と受け付けていない自動車保険会社に分かれます。インターネットから申込を行なえない場合には、電話で、申し込む必要があります。




スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2007年07月21日 18:20