保険料を安くする方法

自動車の使用目的による自動車保険の保険料の割引

スポンサーリンク

自動車保険の保険料は、どのような目的で自動車を乗るかによっても自動車保険の保険料に違いがでてきます。


自動車の使用目的による自動車保険の保険料の割引



自動車の使用目的とは、普段、どのような事に自動車を使うかということです。
この使用目的の違いにより、自動車保険の保険料が安くなります。


これは、あなたが、どのような目的で自動車を利用するかという事により、自動車に乗る頻度、走行距離などに違いが出てくる事により、自動車事故を起こす確率が減っていく為です。


自動車事故は、自動車にのる頻度が多く、よく乗っている人の方が自動車事故を起こす確立が高いという統計が出ているようです。




自動車の使用目的の分類



実際に、自動車保険の契約を行なう場合の使用目的の分類は、下記のように3つに分類しているのが一般的のようです。



【自動車の使用目的の分類】


・業務に使用
・通勤、通学に使用
・日常、レジャーに使用

*セコム損保などは、「日常・レジャーに使用」の部分が日常・レジャー中心」「日常・レジャー専用」のように
 分かれているため、自動車の使用目的は、4つに分類されています。




自動車の使用目的の分類の詳細



では、実際に、「業務に使用」、「通勤・通学に使用」、「日常・レジャーに使用」とは、どのように分類されているのでしょう?

ここでは、三井ダイレクトの場合を参考にしてみたいと思います。


業務に使用 週5日以上または、月15日以上、業務に使用する。
通勤・通学に使用 週5日以上または、月15日以上、通勤・通学に使用する
日常・レジャーに使用 上記に該当しない場合は、「日常・レジャーに使用」になります。




このように、ここでは、「三井ダイレクト」のケースを紹介しましたが、自動車の使用目的は、自動車にどれくらい、どの目的で自動車に乗るかはっきりと分類されています。



自動車の使用目的による、保険料の安い順番



自動車の使用目的により、自動車保険の保険料が安くなると言うことは、ご理解いただけたと思います。では、実際に、どの順番で、保険料が安くなるのでしょうか。

保険料が安くなる順番は、下記の通りです。

1番 日常・レジャーに使用
2番 通勤・通学に使用
3番 業務に使用


このように、自動車の使用目的による、保険料の割引率の順番になっています。
これは、単純に、自動車に乗る日数が少ない順番になっていると思われます。


はじめに、説明したが、自動車に乗る頻度が少ない人ほど、自動車事故を起こす確率がさがるからです。




スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2007年09月03日 20:25