保険料を安くする方法

盗難防止装置を付けて車両保険の保険料を安くする

スポンサーリンク

自動車保険のなかでも、車両保険は、保険料が高くなる補償の種類になります。ここでは、盗難防止装置などを自動車につける事によって、自動車保険の割引が受けられる方法について見ていきます。


盗難防止装置を付けて車両保険の保険料を安くする



自動車保険の車両保険に加入している場合には、自動車保険の保険料が高くなるので、
少しでも安くしたい場合には、盗難防止装置(イモビライザー)
自動車につけることにより、保険料を安くすることができます。



盗難防止装置(イモビライザー)を付けた自動車の車両保険保険料の具体的な割引率は、下記の2つを参考に見てみたいと思います。


・日本興亜損保 : 車両保険保険料5%割引
・東京海上TAP: 車両保険保険料5%割引




このように、日本興亜損保と東京海上TAPについては、同じ、車両保険の5%の割引がされます。
この割引率は、自動車保険会社によって違いがあると思いますので、ここで紹介している割引率は、参考程度にしておいてください。




ただし、盗難防止装置(イモビライザー)は、どれでも良いという訳ではなく、自動車保険会社で認められた盗難防止装置(イモビライザー)である必要があるようです。


 


スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2008年02月19日 07:37