加入時の参考情報

対物賠償保険への加入時の参考情報

スポンサーリンク

ここでは、自動車任意保険の種類の対物賠償保険について、実際に加入する時に参考になるであろう情報を提供していきたいと思います。



対物賠償保険への加入時の参考情報


対物賠償保険に加入する時には、一番、気になるのが、対人賠償保険と同様に、もしも、自動車事故を起こした場合に、支払う事になる補償額(保険金額)ではないでしょうか。


自動車任意保険の対物賠償保険に加入する場合の補償額については、無制限にしておくのをお勧めします。


対物賠償保険は、対人賠償保険のように、人に対する補償と比べると、あまり高額な補償は必要ないと思われる人も居るかと思いますが、もしも、自動車事故を起こした場合に、被害者である相手の車や物に対して、損害を与えた場合には、最近では、かなりの高額な損害賠償を行なう必要が出てきているようです。


自動車事故は、自動車と自動車の一対一の場合であれば、相手の車がポルシェやフェラーリであっても、数千万円の対物補償で足りるかと思いますが、もしも、自動車事故を起こしたのが、

・高速道路での玉突き事故を起こした場合
・踏み切り事故などで、電車に損害を与える場合
・お店などの店舗に損害を与えた場合
・トラックの高額な積荷の焼失

などになるとかなりの高額な損害賠償をする必要が出てくる場合があります。


また、対人賠償保険のように、1名につき保険金額の限度額まで支払われるのに対して、対物賠償保険の場合には、1つの事故で発生した損害の補償の全ての金額が保険金額の限度額になります。

この為、ひとつの自動車事故で、多くの人の車や物などに損害を与えてしまった場合には、すぐに保険金額の限度額になってしまう可能性があります。


ここで、実際に、どれくらいの補償が必要になったかを下記に一覧していますので、参考にして頂ければと思います。


認定総損害額 裁判所 判決年月日 損害物件
2億3153万円 神戸地裁 1994/7/19 積荷(呉服・洋服・毛皮)
1億3580万円 東京屋地裁 1996/7/17 パチンコ店
1億2036万円 福岡地裁 1980/7/18 電車・線路・家屋
1億1347万円 千葉地裁 1998/10/26 電車

(やっぱりあぶない、損害保険の選び方 参照)


このように、もし、自動車事故を起こしてしまった場合に、損害を与えた相手の物が何かによって変わってきますが、電車などの高額な物に損害を与えた場合には、かなりの高額な賠償責任を行なうことになる可能性があります。

この為、対物賠償保険に加入する場合には、無制限を選択する事をお勧めします。



スポンサーリンク





自動車保険の保険料・・・!?



あなたは、毎年、毎年、特に気にしないで、自動車保険を更新し続けていませんか?


自動車保険の保険料は、同じ補償内容でも、損害保険会社によりかなり違ってきます。
損害保険会社によっては、保険料1年で、1万円以上も違う場合があります。


「え〜、でも、何だか面倒だなぁ〜。」

と思われているあなたへ!


自動車保険の見積もりを取る作業は、10分もあれば終ります。

まずは、

・免許証
・現在の自動車保険の保険証書
・車検証

を準備して、保険の窓口 インズウェブにアクセスして、情報を入力するだけです。


「免許証」、「現在の自動車保険の保険証書」、「車検証」を揃えるのに数分、長くても10分。
パソコンを起動する時間や自動車保険を見積もる為の情報入力など、もろもろの作業時間をいれても30分もあれば、見積もりをとることができます。

30分の作業で、1万円を稼ぐと思えば、大変です・・・。


最大、業界最多の20社から自動車保険の見積もりが取れる
自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!



スポンサーリンク




2007年04月08日 23:44